You Tube から飛行機関連の動画をピックアップしてみました。



Crosswind Landings 横風着陸

先ずは定番、横風着陸です。


〔ここに注目!〕

飛行機は滑走路に対しまっすぐアプローチする為、機首をやや風上に向け
横風に流される量とのバランスをとり直進してきます。

風上に向いている量が多いほど横風が強いことを表しています。

風上を向いたままでは車輪の向きと進行方向が合わず着陸はできません。
この為、着陸直前に風上に向けた機首を正面を向かせます。

機首を正面に向かせると機体は横風に流されだします。
このとき、風上側の翼をやや下げ横風とのバランスをとることもあります。


Old VHHH Kai Tak Airport 旧 香港啓徳空港

1998年に移転し閉港となった香港のKai Tak Airport 啓徳空港の、ご存知香港カーブです。
JALのB747が綺麗に曲がって行きますが、着地寸前に横風に吹かれ
風上を向いてしまったままの着地になってしまいました。
無事でなによりです。。。


EGBB Birmingham 1 Turboprop / バーミンガム空港 1

バーミンガム空港に着陸するプロペラ機。
同空港は3,000mクラスの滑走路が一本。
なんか、すごくうねっていますよね、ここの滑走路。

ボンバルディア機とATR機、風に吹かれて軽い感じで流されます。
風の息(吹いたり、止んだり)が曲者ですね。


EGBB Birmingham 2 A320 / バーミンガム空港 2

同じくバーミンガム空港。
少し小さめのジェット旅客機A320も吹かれて流されます。

 

 

EGBB Birmingham 3 A320 / バーミンガム空港 3

離陸も凄いんですね。
横風時は着陸が難しいと思っていましたが、
この動画をみて考えが変わりました、離陸も難しい!

それにしても滑走路がうねっていて、どうも場所によって横風に強弱があって、
相乗効果で余計に難しくなっている気がします。

英国の方は海も空もヘビー・ウエザーに強いようですね。

皆さん、シートベルトはしっかり締めましょう!